㈱terareve 廣瀨和


居住支援とは、様々な理由で住む場所が得られない人々に
対して安心して暮らしていける場所を提供するという
社会的にも意義のある支援活動です。

経済的困窮や病気など、様々な理由で職を得ることが
できずに生活保護を受けている方々も多くいらっしゃいます。

「働かないのは、甘えだ!」と厳しい言葉を投げかける人
もいるかもしれませんが

住む場所がないという人は日本においても
多数いるのが現状です。

そういった方々に向けて、最後のセーフティーネットの
役割を果たすのが「みらいあん」の活動だと認識しています。


広島県の看護学校を卒業後、総合病院で看護師として
働きはじめました。

病院では、子どもからお年寄りまで多くの方が来院し
ます。患者さんとの触れ合いのなかで、改めて実感した
ことがあるんです。

「わたし…人が好きなんだな…」

年齢に関わらず、人と触れ合っているときに大きな幸福
感があることに改めて気づいたんです。

そんな、看護師という仕事にやりがいと誇りを感じて
いました。


一人ひとりの患者さんと接することも幸せを感じる部分
だったんですが、その一方でもっと多くの人と触れ合え
る場を創ってみたいという想いも芽生えてきたんです。

その想いが次第に大きくなり、子どもからお年寄りまで
世代を越えて、みんなが集えるような場所の実現が
いつしか、わたしの夢になっていったんです。

その夢の実現のために、不動産業という全くの異業種の
門を叩くことになっていきます。

2020年に宅建士の資格を取得し、2021年に不動産業を
主業務とする株式会社terareveを創業しました。

経験値もなく志だけで、この業界に入ってきました。


そんなわたしに、仕事のイロハや多くの経験を与えて
くれたのが、梅崎理事長でした。

ご縁に感謝しながら、今では「居住支援事業」にも尽力
させていただいております。


居住支援の活動をはじめてすぐの頃に、ひとりの支援者
さんと出会いました。

当然はじめての支援者になるので、どう対応していいの
か分からずに戸惑うこともありました。

しかし、どんな仕事でも一番重要なのは、相手に寄り添い
同じ目線で考えることだと思っていましたので、精一杯
その方の力になろうと、全力でサポートさせていただき
ました。

それから約3年ほどの月日が経過していますが、いまだに
その方からも連絡をいただくことがあります。

「ありがとう」と言われることは、とても嬉しいことなん
です。それよりももっと嬉しいことは、ご縁があって支援
させていただいた方と、ずっと繋がっていられることなん
だとわたしは思っています。


am.9:00

出社後、今日のスケジュールを部内で共有

am.10:00

新規の支援者様向けの物件確認

am.11:00

事務所に戻り、協力会社様と打合せ

pm.1:00

支援者宅へ向かい、生活状況などのフォロー

pm2:00

事務所に戻り、新規支援者様との面談

pm.3:00

事前に物件を内見いただいた支援者様と契約作業

pm.4:00

書類整理を行いながら、明日の面談先へ連絡

pm5:30

一日の仕事を終えて退社


安心して頼れる存在です!

彼女に仕事を任せたらミスもなくしっかりやってくれます
し、本当に頼れる存在ですよ。

明るい性格で、多くの支援者や関係者も彼女のファンは
多いです。

それは、今まで真摯に仕事に取り組んできた証ではないの
かなと思っています。

彼女の持っているホスピタリティはきっとこの先も彼女
自身の道を切り開いていく大きな武器になっていくと
思っています。


芯のある、強い女性です!

どんな方にも別け隔てなく、明るく笑顔でお話している
印象ですね。

チャーミングな笑顔だけではなくて内に秘める強い志を
感じる瞬間もあります。

支援者を含め周りの人たちから信頼され頼りにされるのは
廣瀨さんの芯の通った人間性があるからだと思いますね。

そんな私も廣瀨ファンの1人なんですよ!



次回は【Toi toi toi:NASVA 伊藤チーフ】